[marie gateau]----マリー・ガトー。

フランス語で「marie]は{最後をかざるウエディングドレス}という意味が
あるそうです

フランス・パリをイメージたお菓子。
映画に出てくるような、ゲストの方が目を引くかわいくておいしいお菓子など・・。

マカロン・クッキー・フィナンシェ・サブレ・バターケーキ・メレンゲ菓子など
ウエディングやパーティーのお持ち帰り用の小さい焼き菓子を
完全オーダー制で、お客様の食べごろに合わせて心をこめて作ります。

お菓子のベースになる大切な材料は、国産の良質な物を
風味づけのチョコやコンフィチュール等は本場フランス産のものを使いました。

少人数のパーティーから、ウエディングやお披露目パーティーまで
幅広く対応いたします

2010年 6月 あたらしく誕生する「マリー・ガトー」をどうぞお楽しみに!!

le bonheur さんの「パリの個展」の様子をご紹介します。
「マリー・ガトー」のお菓子もご紹介していただきました♪
はじめてのデビューイベント。メインのリボンボックスのケーキと、エッフェル塔のクッキー・マカロンを展示しました。
[リボンボックスのケーキ] フランス産フランボワーズと風味豊かな発酵バターをふんだんに使ったバターケーキです。今回は淡〜いピンクの色を表現しました。常温でも形がくずれないように、卵白を使ったバタークリームです。中は手作りのフランボワーズジャムを挟んだ、4層になっています。
le bonheurさんのリクエストで作ったエッフェル塔のクッキー。フランス産のチョコを使った濃厚なチョコ味に、アイシングで模様をつけて味にまろやかさをプラスしました。発酵バターをたっぷり使ったので、サクッと軽い口当たりになりました。
淡い砂糖菓子のような色で、、と、le bonheurさんのご要望で作ったマカロン。バニラ・シトロン・フランボワーズ・チョコの4種類を作りました。中のバターは発酵バターをたっぷり入れたので風味豊かな口当たりです。こちらもギフトにすることを考えて、常温で保存ができるようにクリームに工夫しました。常温で食べた方がおいしいマカロンです^^
ギャラリーのパリの個展の様子。小山田さんがパリで撮った写真の美しさにうっとりしてしまいます。見ているだけでパリに行った気分になります。
こちらは小山田さんが、アンティークショップで手に入らなかったものを再現して作って頂いた紙芝居フレーム。後ろから抜けるようになってます。世界でひとつだけのフレームです!
真ん中のメインテーブル。バラの香りが漂います。。バラの側にあるキャンドルは、フランス「ラデュレ」のキャンドルだそうです。ちょっと日本にはない形です。
アトリエの様子。アトリエにはウエディングフォトもたくさん飾ってあります。小山田さんの撮る写真はどれもやさしくて温かい雰囲気です。
フランス「デュランス」のアロマコーナー。本場フランスのフレグランスは上質な香りなのでひつこくなくて大好きです。自然の素材を使っているからでしょうか。
IRISさんのろうそく。なんとも言えない色使いです。蜜蝋を使ってるんですって。う〜ん高価!